増税後初!!wイナダ爆釣とまではいかないが…(2019.10.1)

今日から増税…。

朝から色々仕事があったので何とか早めに終わらせて釣行しなくてはと早めに起床(;^_^A

で、午前中に何とか無理やりケリを付けて午後から北港へ様子を見に。

しかし、人も少な目で釣れている様子もありません。

どうしようか迷った挙句、遊佐へ行って見ることに。

そこも人は少ないです(;^_^A でもせっかく来たし、いつものジグを投げて釣れなければ、サビキングでもと…やってみることに。

ジグをキャスティングして一旦底を取ってからワンピッチジャークやら、トゥイッチやらやってみましたが、アタリは無く、表層をチェックしてみることに…

それでやっとコンコンというアタリがキター!!

いつもより強めにアワセてフッキング、バレんなよー、バレんなよーと願いながらw

G-soul X8の1.2号のPEラインを使っているのですが、テンションが可成り掛かって何というんでしょうか?糸鳴り?(リールを巻くときに鳴るキュキュとは違う)「キーン」と言う感じの軋むような(テンションが掛った状態でガイドと僅かに擦れる擦過音か?)、あれを久々に実感。←言いたいこと分かります?(;^_^A

ようやく足元まで寄せてきてタモを取ろうとした時に、バラシが続いたので少し緩めにしていたドラグを鳴らして急にまた走り出しました。元気ッス!

またようやく寄せてタモを取って掬おうとしたら、今度は昨日、瞬間接着剤で補修したタモがまた壊れました(/_;)

でも何とかランディング成功!

▲イナダ。指尺で約40cm
▲魚が動いて計り辛かったのですが、持って行ったメジャーで計ったらジャスト40cmです。私の指尺意外に正確っスw

メジャーを出して計っている場合では無かったのですが、今までバラシ癖が付いていたので、うれしくてつい…

それと、先日買ったロッド「Encounter(エンカウンター)」の鱗付けがエソじゃなあ~と思っていたので、このイナダ40cmで鱗付け直しということでw

その後数投でまたヒット!

1匹目を釣り上げるまではバレんなよーでしたが、2匹目からは余裕でイナダの引きとロッドの曲がりを堪能。「たあのしー!!」を連発。

今度は前ほど引きません。後から計ったら35cm程。

その後またフッキングしたのですが、テトラにぶつかってバラし。

その次は捲いてくる途中でまたバラシ…

そこで、トレブルフックをシングルフックに変えてみることに。

最初はサバ皮?が付いているものにしましたが、紐が少し長くてラインに頻繁に絡むので、DOUのティンセル 付きの少し短めのシングルフックに変更。

しばらくアタリが遠のいたのですが、近くでナブラ発生!と言ってもキャストしても1.5倍くらい届かない感じでした。

ああダメか~と思いながらも、しばらく捲いて来るとヒット!

引きはそれほど強くはありませんでしたが、重量感があります。

寄せてきたら、2匹いるではありませんか、前後のフックにダブルヒット!w

何とか壊れたタモで2匹ともランディング成功(^^)/

▲ダブルヒットのイナダ兄弟。タモ上げしたら1匹はフックが外れました。

その後も短時間でしたが数回ナブラが出ました。しかしキャスティングは届きませんでしたが、近くにやる気のある魚がいましたので結構楽しめました。

▲本日の釣果。お持ち帰り5本 + 1本

本日の釣果は約3時間で、イナダ40cm~35cmが6本。60cm前後のダツ2本w。フッキング後のバラシは4回くらいか?(手前にテトラがあるのでランディングしにくい)

爆釣とまでは行きませんでしたが、久々に結構楽しめました(^^)/

1本は顔見知りの常連さんにあげました。たまに情報をいただいていますからね(;^_^A

※情報はそこの常連さんに聞くのが一番です。とは言っても余り話したがらない人もいますので…。また、人から情報を聞くばかりではなく、こちらからも自分の釣果(自慢では無く)や他の場所の情報も話題として出さないとダメですよ。…と私は思います。

テールフックをシングルフックに交換するのは有りですね(^▽^)/

と言うのもWヒットがもう1回ありました。(が、テトラにブツけて1匹バラしました)また、今のところトレブルフックよりはバレにくいような気がします。

テールにシングルフックを2本付けるのも有りかも知れませんが、今日の感じではそこまで必要は無いような気もしました。その分ラインがらみが多くなるかも知れませんし…

現在のセッティングでもう少し様子を見てみます。

PS.
腹を割いたらベイトは3~4cmのシラスでパンパンに食っていました。

PS2.
調子に乗って今日(10/2)も行きましたが、やっぱり回遊魚なのでそう毎日釣れるわけではありませんね(;^_^A

今日はナブラは一度も出ませんでした。

1時間半ほどキャスティングし続けてようやくイナダを1本掛けましたが、またもや横着で、タモを使わずに引き抜いてテトラを渡っているうちにポロリと落としました(;^_^A
ニューロッドのEncounter(エンカウンター)S100ML、40cmくらいのイナダを抜き上げても全然OKですね。

まあ昨日の刺身もあるし、ロッドの曲がりを見ながら引きも楽しんだので良しとします。

やはりよほどの引き(テンション)がないとキーンというPEラインの音は鳴りませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする