釣れた翌日がダメパターンその2(2020.11.19)

最近の天気予報はコロコロ変わって、当初今日は午後から雨だったのが明日からに変わった。

昨日はサゴシが結構ヒットし、イナダを2回バラシたが引きは楽しめたので、今日はイナダ狙いで釣行w

連日の朝からの釣行は疲れる。今日はライトが無くても歩ける6時頃に到着。

運よくまずまずの場所へ入れた。

今日は最初からジグを投げると、底の方で何やらコツコツとアタル。

何度かシャクルとヒットしたのは25cm程のアジでした。が、それは抜き上げたらバレました(;^_^A

次のキャストでも底の方でアタル。で、サビキングにチェンジ。

1~2投位はあたりましたが、そのうちにアタリも無くなり、またフッキングしても途中でバレました。

その後、ジグに戻しましたが、今日はウンともスンとも有りません。

周りも同じく全くダメ。

鳥が騒いでいて、普通ならナブラの鳥山に見えるほどなのに…

カタクチイワシのベイトがいるのにフィッシュイーターが寄って来ないという事は、沖にも結構ベイトがいてわざわざ来なくてもいいんでしょうかね?

昨日のサゴシも、お腹パンパンだったし…

※サゴシの胃を少し押したらカタクチイワシが出てきました。中身は透けて見えるが全部そのよう…
大きく見たい方は写真をクリックorタップ(写真は撮ったがグロいので昨日は載せなかったが…(;^_^A)

たま~に出る小さなナブラは20cm程の小サバで、40gのジグにはフッキングしませんでした。(ジグ30gには3投位して掛かった)

雲から太陽が出て日が差したタイミングで状況が変わる事を期待していたのですが、変わらず10時頃についに心が折れ納竿。

▲本日の釣果。アジ25cm、23cmの2匹のみお持ち帰り。小アジ、小サバはリリース。

今日はイナダどころかサゴシもノーバイトで、数回バイトしてもフッキングしなかったのは多分サバか?

という事で、「釣れた翌日がダメパターン(2020.9.30)」の再来かと思う同じアジ2匹。

しかし、目ぼしいヒットも全くなかったので、この日より今日はダメでした(/_;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする