イナダ祭りと言っていいんじゃねぇw(2022.11.21)

今日は波風共に穏やかで、早朝は傘マークが有ったがその後は釣り日和。

朝マズメは前回懲りたのでw今日は6:30に家を出た。

何処へ行こうか迷ったが、前回の場所へ。

到着して歩いて行くと、「おっ、鳥山」…「おっ、ナブラ」と近めに見えた。

♪今日はなんだかいけそうな気がする~~~w

しかし、なかなかいい場所が空いて無い、止む無く手前に障害物があり取り込み難い場所だったがそこに入る事に。

数投目でいきなりアタリが!

▲本マグロ(クロマグロ)の幼魚 メジ 38cm程 関東ではコメジ、関西はヨコワ 

この辺り(酒田)ではクロマグロは「ひらがづ」→「めじ」→「まぐろ」と呼んでいるらしい。「ひらがづ」は聞いたことが無いような気がする。

クロマグロの30kg以下は釣って悪いことは知っていたが、まさか陸っパリからこんなのが庄内で釣れるとは聞いた記憶が無かった。(イナダが掛かって捲いてきているのに、明らかにメーターオーバーのマグロ(目の前でジャンプした)が食いついたのを目撃したことはある)

そう言えば、先日NHKの特集で近年秋田県境から飛島の間付近の海で、マグロの大群が現れる報告があり、繁殖行動ではないかと調査する内容だった。

近くで産卵しているとすればマグロの幼魚が釣れるようになったのも頷ける。

今日は4匹掛かりましたが、当然即リリースしました(;^_^A

クーラーボックスにしまったり、ストリンガー、船だと生け簀などに入れて持ち帰ろうとしたらアウト。ダメージが有ろうが、たとえ死んでいても即リリースだという事です。(罰則は注意をされても従わい悪質な場合のようです?)

8時前頃までは結構あちこちでナブラが見えましたが、その後は海面は静かに。10時頃になって沖の方でまたナブラが出ましたが、その後また静かに。

私はナブラ撃ちとは行きませんでしたが、しかし今日はナブラが無くてもイナダがあちこちにいるようで、結構バイトしてきました。

暇な感じが無く結構掛ったので楽しくて大満足というか、結構ゴリ捲きしないと取り込めないので腕がパンパンになり13時頃に納竿。

▲本日のジギング釣果 イナダ41~46cm 4本をお持ち帰り

今日は前回釣った刺身がまだ残っているので、お持ち帰りは3本にしておこうと思っていたのですが、つい欲がでて…(;^_^A

イナダは他に体感でw10本位リリースしました。

他にサバ指尺50cm程、エソ同じく指尺50cm程w、後は先ほど書いたメジ4本をリリースしました。

今日は朝からいい場所に入った人は20本以上は釣ったんじゃないかと思われます。

朝のナブラもそうですが、全体的にナブラ関係なく釣れていたようなので、今日は「イナダ祭り」と言ってもいいんじゃねぇw

▲50cmは有ろうかというようなエソ。爬虫類のような顔が何とも…キモイ
(しょうもないが写真を撮ったので最後に掲載w)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする