サビキング&ジギング&エギングの3ギング第2弾(2021.9.15)

昨日は久々に波も0.6~0.5m程の予報になり風も3mと釣りやすい予報に。

また、サビキングで夜明けのアジと、終わってからのジギング、エギングという3ギングw

昨日のアジはいつもより早い4:30頃にファーストヒット。

矢張り釣れ初めは小さ目の、見た目20cmほど。

しかし、次が続きません。

しばらくは何投かにワンヒットする感じで、今日はもしやしてこれで終わってしまうのか?

5時近くになってやっとコンスタントにアタリが出始め、型も次第に大きくなってきましたが最後にテトラの下に潜られて、サビキが切れてしまいました。

時合が終わってしまうのではないかと、焦りながら仕掛けを交換するも、案の定その後アタリはありませんでした(/_;)

ここ2回のパターンは、釣れ始めが小さくて次第に型が良くなっていき25cmオーバーが掛ると、それが終わりの合図w

▲サビキング釣果 25~19cm 6匹をお持ち帰り。 見た目20cm以下を数匹リリース

次にジグを投入。

しばらくして久々のアタリ!しかし青物らしくは無い引き。

上がって来たのは40cmオーバーのエソ(ーー;)

その後もコンコンというアタリがあり、アワセると最後まで暴れてくる青物っぽい引きでしたが、今度もエソ!

聞いた話では先週たまたまかも知れないが、50cm程のイナダが1本上がったということでその後も頑張ってみたが、それこそ50cmは有ろうかと思う程の丸々太ったエソ2匹を追加したのみ(;^_^A

 

ということで、エギングにチェンジしたものの、うねりが残っていてテトラの近くは少し濁りが出ています。

波で打ち付けられるので際にはいないようで、遠目にキャストして少し沈めてから(風と流れがあるので着底は分からなかった、というか押し戻されているのかラインが出て行かなかった)シャクってくるとアタリが。

しかし、一度アタルとしばらくは沈黙するので、顔なじみの人たちとグダグダしながら場を休ませながら11時頃に納竿。

▲エギング釣果 アオリイカ胴長約12cm~10cm 5杯(ブラインド3、 何となくいるのが分かる感じで2)

胴長が12cmを超えるとあのイカ族特有の引きが少し楽しめるようになってきますが、身は厚くなって刺身のコリコリという食感は無くなってきますね(;^_^A

3ギングは道具が増えて大変ですが、しばらくはこのパターンが無難なのかな…

そう言えば、ジギング中にキャスト後の数捲きでヒラメっぽいアタリが有りましたが、残念ながらフッキングしませんでした。秋の釣りシーズンもマジか?ww

そう言えば、其の2w
久々にイカ墨を浴びてしまった(/_;)

※金曜からは天気が崩れるようなので、今日は少し強いが何とかしのげる場所を探してと、昨日準備している最中に仕事の電話が……(;^_^A