今年はアオリイカエギングどこでもOK!? (2019/9/7)

今日はエギングの条件は悪くないようでしたが、さすがに33℃と暑くて、しばらく涼しい日が続いていたのでキツイ。

午後15時過ぎに、久々に酒田北港へイナダの状況を見に行くことに。

様子を聞くと一日1匹程度アオコ~イナダが上がる程度で、単発でそんなに群れてはいないようだとの事でした。

アオリイカの方もやられている人も結構いたようですが、一人1杯程度?とこれも余り良く無いようでした。

で、やはり暑いし帰ろうかどうしようかな~?

しかし、以前からの情報ではアオリイカは真水を嫌うというのが通説?のようでしたが、少なくとも私が見聞きした感じではそんなことは無い。

酒田港は市内を流れる新井田川の河口に出来た港。当然真水が入るのに港内でもアオリイカが釣れるし、先日は河川の河口のテトラでも結構釣れているのを目撃した(;^_^A

また、水面が波紋で全く見えなくなるような土砂降りで、海岸に雨水がジャバジャバと流れ込んでいるような状況でも、水面近くでちゃんと釣れた。

ただ、時合というものはあるようで、釣れない時にはどこへ行っても余り釣れない。また、先行者が何人も入ったばかりのところは当然プレッシャーがかかっていて釣れない。

ということで、ダメもとで1食分の刺身でも釣れればとテトラ帯に行って見ることに。

エギング釣行開始が16時頃で、夕マヅメに近いか?

1投目にチェイスして来たのが見えた。

で、2投目に…

▲2投目で見た目で10cm程のアオリイカをゲット。
▲場所を少しづつ移動しながら…
▲アオリイカ釣果。胴長約11cm~8cmほどが11杯(撮影が翌日なので〆ても元通りw)

釣果は日の入り少し前の18時前までの2時間ほどで11杯をお持ち帰り。

結果、先日の磯をランガンしての約8時間にも及ぶ釣行、疲労困憊し釣果11杯…と同じような釣果で、あれは何だったのか?と思う(;^_^A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする