カマス爆釣

8月の2度の大雨がまだ影響していると思われます。

酒田北港周辺はまだ濁りが取れたことが無いようだし、庄内の赤川付近より北の砂浜では、ほんの1m程の波でも波打ち際から泥水のような濁りと、細かなゴミが漂っている。

濁りを好む釣りや、川の河口でのシーバスは影響が無いように思えますが、キス釣りは波が穏やかな日がある程度続かないとダメなようです。

それも現状ではゴミの少ないところを探して釣るような感じのようです。

私のヒラメ狙いも2~3度行っていたのですが、何の反応もありません。ゴミは多いし、1mも無いと思われる波でも濁りがキツイです。

また河口に近づき底をとるには根掛かり覚悟が必要で、木の枝などが海底に埋もれているようです。

なんともストレスの溜まる今日この頃(;^_^A

で、酒田北港火力の岸壁で様子をみているとカマスが釣れていました。群れに違いがあるようで大きいカマスは時合が有るようです。

翌日、そのカマス狙いで北港火力の岸壁行くことに。そしたら「今日はカマスも釣れていないよ」とのこと。一応竿を出してみたのですが、本当に釣れません。カマスにも見放される始末( ;∀;)

更にストレスが溜まります。

それで昨日の午後から吹浦の様子を見に行くことに。

一応、メインでヒラメ、外道でシーバス。で釣れない時にカマス。というパターンで…

着いた時には波はさほど無かったのですが、濁りはやはり少しありますね。

向かい風だったのでメタルジグを何種類か投げて見ましたが反応なし。

で、サビキにチェンジしてもテトラ近くでもアタリがありません。

どこでも釣れる訳ではないのでしょうね、移動しながらやっと釣れるポイントがあり。そこだけ入れ食い状態でした。(結構バレますけど…)

多点掛けしたカマスを巻き上げている最中に、多分シーバスかヒラメ?竿が急に重くなっては軽くなるといった横取りされることも何度かありました(;^_^A

サビキが2枚ダメになったタイミングで納竿。

カマス,アジ,サバ

釣果は20~25cm位のカマスとサバ、アジは15~18cmほどが少し混じって全部で80匹ぐらいかな?途中から小さいのはリリースしてきました。

鬱積したストレスが大分解消!(笑)

近くの人は午前中にシーバス70cm位を1匹上げたと言っていました。その他泳がせのヒラメ狙いに40~50cm位のが掛かっていました。

そろそろ大物シーズンに入ってくるのですが、今年はどうなる事やら…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする