Thunderbirdを102.1.0に上げたら送信済みトレイと下書きフォルダーがおかしくなった件

パソコンでメールアドレスを複数管理している人にはお馴染みのThunderbird(サンダーバード)ですが、私も可成り前から利用させてもらっていて、64bit版がリリースされてからも、今までの大量のメールもあり乗り換えるのに不安もあったので未だに32bit版を使っていました。

先日アップデートの知らせがあったので、いつものようにアップデートをしたら、最初の立ち上げ時に「●●フォルダーが見つかりません」のようなエラーが出た。

どう対処すればいいのかよくわからなかったので、そのまま一度終了して再度立ち上げたらエラーは出なくなった。

UIが少し変更されたようで、フォルダーが明確に色分けされて見やすくなった。

しかし、よく見るとメインで使っているメールアカウントの「送信済みトレイ」と「下書き」フォルダーが無くなってるし~(@_@;

そして、下の方に「Send」と「Drafts」という今までなかったフォルダーがあって、中を見ると今までの送信済みのメールが入っていたので一安心。

▲アップデートしたらこんな感じに

しかし、他のメールアカウントは正常で、この一つのアカウントだけがおかしい。

一応、フォルダーの名前だけ日本語で「送信済みトレイ」と「下書き」に直したが、位置が下にあって目立たないし、使い勝手が悪いので色々調べてみたが、私だけなのか?情報が見つからなかった。

そして、インストール時に何か不具合があったのかもと再インストールしてみることにしたが、Thunderbird(サンダーバード)の32bit版から64bit版に乗り換える手順を解説したページもあったので、折角なのでこの機会に64bit版にすることに。

そしたら、最近のバージョンからなのか?64bit版に変更するのも、解説ページのような面倒な事をしなくとも、普通のアップデートと同じ感じで簡単に変えることが出来た。

しかし、依然として上記のフォルダーの問題は解決してない。

正常なアカウントの情報とあちこち比べてみると、メールアカウントを選択して右クリックメニューの「設定」からの左メニュー「送信控えと特別なフォルダー」の項目の内容を見るといくつか違っているところがあった。

▲メールアカウントの設定の中の「送信控えと特別なフォルダー」の矢印の部分が違っていた。
過去に自分で変更したのかは記憶に御座いません(;^_^A

上の矢印部分を同じように、そのアカウントに直した。

そして、試しに自分宛てにメールを送受信してみる事に。

すると、新しく「送信済みトレイ」が出来た(*^^)v

ならばと、メールを新規作成し下書きに保存してみると、これも新しく「下書き」フォルダーが出来た。

あとは、「Send」フォルダーの中の過去の送信済みメールを全部コピーして、新しく出来た「送信済みトレイ」にペースト。「Drafts」は空なのでそのままで、念のためThunderbird(サンダーバード)を再起動して確認。

よく見ると「送信済みトレイ」にコピーしたメールの中に文字化けしているものが有ったので、そのフォルダーを右クリックメニューのプロパティから「フォルダーを修復」したら治りました。

その後少し使ってから、問題がないことを確認して「Send」「Drafts」フォルダーを削除。

▲フォルダーが正常になった状態

その後、数日経つが問題はありません。

ご参考になる方がおられれば幸いです。

…が、作業前にバックアップを取るなどして全て自己責任でお願いしますね(;^_^A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする