サバでも楽しいけど…(2022.6.16)

当初は明日の釣行予定でいたが、明日の天候が今日より悪そうな感じに変わったので急遽釣行。

アジはみんな大好きなので、いつものパターンで朝マズメのサビキングから…

しかし、先日同様にいつまでもアジのサイズがアップしない。

そして、先日のように今日もウルメイワシが邪魔をする。

ウルメイワシが掛かっても、尺アジが付いていないかとアタリを待つが、ウルメイワシが暴れて何度もサビキがグチャグチャになった。

矢張り先日も書いたが14日のカタクチイワシはこんなには暴れなかった。…もっともウルメイワシはカタクチより若干大き目だが…

※調べると分類上、マイワシとウルメイワシはニシン科だが、カタクチイワシはカタクチイワシ科と独自の科を確立w、少し違うようだ。

あちこち場所を変えても釣れて来るアジは23cm前後までで、25cmアップが今日は4:40を回っても掛からなかった(/_;)

という事で、またサビキがグチャグチャになったタイミングで、今日はアジの持ち帰りは無しかぁ~~(~_~;)と、サビキングは諦めた。

そして、いつものようにジギングに変えるも、これもいつものようにアタリが無い。

で、またいつものようにヒラメ狙いであちこちを探るがノーバイト。

アタリが無いので今日は珍しく、普段あまり使わないシンペンやジグヘッドにワームを付けたものまで投げてみた。

考えてみれば、6月の半ばを過ぎれば、例年こんなもんなんですがね(;^_^A

あちこち場所を変えながらキャストし続けていると、鳥たちが届きはしないが近くまでやって来たので、通常のジグを投入するとアタッたのはやっぱりサバ。

先日程は釣れなかったが、もうサバでもアタルだけましというものだ。

知人が欲しいという事だったので、3本だけお持ち帰り。

そうしているうちに、ジグにサバとWで尺アジがヒットした。

アジがいるのであればとサビキをキャストするも全くアタらない。

ジグに掛かったのは偶々かと思ったが、しかしジグを投げ続けていると特定の狭い場所に尺アジが溜まっているようで、アジが高確率でアタる場所があった。

少しキャストの場所がズレるとアタらない。

またアタっても乗らない場合や途中でバレるものも多々。

その後、アジの群れもバラけたようでアタリが遠のいたため納竿。

▲本日のジギング釣果 サバ39cm~45cm 3匹をプレゼント用にお持ち帰りw
▲本日のサビキング釣果 と言いたいところだが、このアジもジギング釣果です(;^_^A
アジ 30cm~32cm 5匹をお持ち帰り。まだ脂が乗っていて刺身が旨いです。
写真を撮り忘れ、アジはウロコを取ってからの写真です。

今日はサビキングでのアジはお持ち帰り的にはボウズだったが、40gのジグでアジを狙って釣ったのは初体験。…だったと思う(;^_^A
※ジグを30gにすればもっと掛りは良かったかも知れないが、向かい風で多分届かない距離。

しかし、サビキ(スキン)で全くアタらないという事は、尺アジは完全にカタクチ・ウルメイワシベイトモードなのかも知れない?

まあ、6月の半ばを過ぎても尺アジや、良型のサバでも釣れてくれるだけ有難いm(__)m

でも、やっぱり・・・ワラサ、、、いやイナダでもいいから釣りた~い!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする