アオリイカを手早く処理する方法

ご存じの方も多いでしょうが…

久々にアオリイカの処理の仕方をYouTubeで探してみた。

すると、表の方(エンペラーが付いている側)から背骨に沿って包丁を入れて身を開いている動画が殆ど。

中まで切らないように背骨に刃を当てているのだろうが、他になにか意味があるのか?

大きいアオリイカを数杯処理するだけならまだこれでもいいのですが、数がある場合はこれでは時間が掛かるのではないのか?と思った。

私は裏面(ロートのある側)からロートの上から身に包丁の刃を上向き(逆さ包丁)にして入れて頭の先までスーッと入れて開き、その後足を持ち上げ、包丁で中側の背骨を押さえながら胴体から外している。

※内臓などは背骨側に付いている。

※ゲソの処理は内臓部分を切り落として目を切り取ってから縦に半分切ってカラストンビのくちばしを外せば、あとは胴体と一緒に洗って後で適当なサイズに切れば終わりです。

注)
目を切り取る場合は力を入れずに包丁を引いて切ったください。包丁を下に押さえつけるようにして切ると、目がつぶれた拍子に黒い液が飛び跳ねる可能性が高いです。

胴体は、きれいに洗いながら胴体部分の内側から背骨を外し、また内側の薄皮があると刺身にしたときに綺麗に切れなかったり、歯ごたえが悪かったりするので剥きたい方はこの時点できれいに剥く。小さいものは余り気にならないが…

またこの時点で表面やエンペラーの裏もきれいに洗う。

で、肝心なのが皮のはがし方です。

要は頭の尖った先端部分からエンペラーと身の方を剥くのがコツです。

▲頭の先の方からエンペラーと皮、身の方を引っ張って分ける。実際には右側も持って引っ張っているのですが、写真を撮るために手を放しています。

最初は少しづつ剥がして、少し剥けたらエンペラーと身を持って一気に引くと気持ちいいくらい全部きれいに剥けます。

▲さらに引っ張るとこのようにきれいに剥けます。
▲このようにエンペラー側に皮、身の方は綺麗に皮が剥けます。下の端の部分はほんの少し残りますが固いので切り落とす方がいいのかな?

エンペラーに皮が全部一緒に付くのですが、熱処理するので皮も美味しいです。

※エンペラーとゲソは、アルミホイールを敷いてグリルで焼き、焼き終わる前に醤油をたらす。醤油の焼けた香ばしい香りがたまりませんw
あとは、フライパンで醤油と生姜で炒める。醤油とバターで炒める。焼きそばに入れてイカ焼きそば。などが簡単でおススメ。
少し手間だけどゲソ天はたまりませんなあ~

皮が嫌いか、エンぺラーも刺身にする場合はここでエンプラーの皮を剥くか、余分な皮を切り取ってください。

刺身にするなら、身の表に飾り包丁?メッシュ状にすこし切り込みを入れると醤油の付きが良くなり、触感も少し柔らかくなります。

アオリイカのコリコリとした触感が好きな方は、そのままの方が良いかも…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする