イナダ頑張ってポツポツ(2021.5.24)

ここ数日は風雨があって波も3m程有った日もあったが、今日はようやく治まった感じ。

しかし天気は回復したが、濁りが心配。もう一日置いた方がいいのかも知れないが、しかし今週は風が出たり雨が降ったりと安定しない予報。で、昼前に酒田北港火力防波堤へ様子を見に。

ようやく釣りの出来る天気になったせいか?平日の昼にしては人が多い。

思ったほどの濁りは無く釣りは出来そうな感じ。

聞いたところ芳しくは無いようだが、話を聞いているうちに角の方でイナダが1匹上がった。

そこで隣に入れて貰う事に。

30分程やって真ん中のテトラ付近で1匹上がったのを見たが、私はノーバイト。

で、思い切って場所移動することに。

丁度着いた所に上がって来た人がいたので釣果を聞いたら、イナダはポツポツと釣れているとの事。で、まだ釣れるんじゃないかということ。これは期待が持てそう(^▽^)

ということで、釣り場に着いて第一投。

少し捲いて来たところで、早速アタリが有ったがフッキングせずで、少しジャークしてフォールさせたら追い食いしてきてヒット!

▲第一投目からイナダヒット!

第一投目からヒットして、幸先がいい。これは爆釣の予感w

しかし、また例によって後が続かない。

鳥も飛んでいないし、水面も凪のように穏やかで生命感は無い。

1時間後位になってようやく2匹目がヒット。

頑張ってキャストし続ければたまに回遊にアタル感じ…

その後、足元まで寄せて抜き上げたタイミングで頭を振られてオートリリース(;^_^A

15時頃にもう1匹追加し、あと1匹釣ったら帰ろうかと思ったが、あと1匹が遠い。

完全にアタリが止まったのでサビキングをしてみる事に。

しかし、たまにアタっても大きくても20cm程のアジが釣れる程度で、遊びながら4匹位釣ったが全てリリース。

そんな中釣れたのが…

♪な~まこ~、な~まこ~、た~ぷ~り~、な~まこ~♪(キューピー たらこ パスタソースのCM調でw)

17時頃もう帰ろうかと思っていたところ、近くの水面が一瞬沸いた。

本当に小さかったので何かわからなかったが、生命感が出だしたので1時間延長することに(;^_^A

で、17:45分頃ようやく待望の4匹目がヒットし納竿。

▲本日のジギング釣果 イナダ45~42cm 4本。アジはリリース。ナマコもw

刺身が飽きたので、味噌粕漬けにでもしようかな~♪

※数えたら16日連続で刺身を食べていたw

「イナダの味噌粕漬け」男の料理なんで見た目は悪いが、もうすでに旨そうw
▲写真翌日追加。「イナダの味噌粕漬け」男の料理なんで見た目は悪いが、もうすでに旨そうw

 

PS.

そう言えば今日は正体不明の大物?にフッキングしました。

キャスト後の底取り後、一度ロッドを煽ってジグを跳ね上げて数ジャークした後にフォールさせ、次にまたジャークしようと思ったら重くなったのでアワセた。

その後、根掛かりでもしたかのようにジグが全く動かなくなってしまった。

ロッドを力を込めて煽ったら、生命反応がある。

しかし、ヒラメだったら引かれればもっと泳ぐだろうし、エイにしたってゆっくりはばたくように泳ぐし…

ロッド(シマノディアルーナM)が折れそうだったので、仕方なくラインに真っ直ぐにして引いたら海底から離れたようで一応上がって若干軽くなったのでまたロッドを立てて捲こうとしたらまた海底にへばり付かれた感じに。

ロッドでは全く太刀打ちできないので仕方なく、またラインに真っ直ぐにして根掛かりして最終手段としてラインを切る感じでラインを引っ張っては捲いてを繰り返して寄せてきた。

可成り手前まで寄せてきたら、下に泳がれフックアウト。

どうせ、手前がテトラで深みがあるので上げられる重量ではなかったので悔しいとは思わないが、正体は何だったのかは気になる。

一番可能性が高いのは、エイ?…にしてはエイの泳ぐ感じがしなかった。死にかけ?

ヒラメ?にしては引かなかった。死にかけ?

タコ?にしても引く感じが魚っぽかったので違うような?

巨大ナマコ?w

例えるなら何かの魚と、船の係留ロープか漁の網のロープが一緒に掛った感じか?w

スレだったとしても、魚が余り引かなくてロッドの弾性が全く使えない状態で1.2号のPEラインが伸びて切れないか心配なほど、あれが単体の魚ならば今まで経験した事のない重量だが正体は何?w

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする