サビキンガーZが遂に禁断の××(2020.5.14・15)

今週は天気が良くても風の強い日があり、なかなか釣行日和とはいかなかった。

昨日、久々に夕方になると南西の風3m程の予報に。ということで久々に16:30頃に酒田北港火力防波堤に様子を見に。

その時点で人は全体で10人ちょっとか? 角の近くで常連さん達が竿を出していました。

聞いたら釣れていないとの事。やはり皆さんも竿をしばらく出していなかったので、たまには出したくなったのでしょうw

で、私も例によってサビキングをすることに。

ここで、秘密兵器をw

先日来サビキングの釣果が連日1匹と、貧果が続いている。活性が良い時にはサビキはそれほど選ばないのでしょうが、このシビアな時に一番合うサビキを見つけるべく、全部違う種類のサビキを1本に付けたらどうか?と思ったのでした。

しかし、幹糸に一つずつサビキを枝針のように結んでも交換が利かないし何かいい方法はないものか…

以前遠投サビキで回転ビーズなるものが付いているものを使ったことがあったのを思い出した。

で、ググってみるとありました。

回転ビーズだけでも売っていたのでアマゾンで早速購入。

▲回転ビーズS しずく型

回転ビーズに幹糸5号を通して両側を8の字結びでコブを作り位置を固定する。これを約20cm間隔で6個付けました。

▲上の写真の回転ビーズの通し方が左右逆でした(;^_^A径の小さい方が針側になります。あとで気付いて直しました。

これはケイムラです。ビーズに通して端(写真では一番左)をこれも8の字結び2回で外れ止めにしています。これをそれぞれ別のサビキを6個付けて6本針にします。

6本の内、2本をアジ針に夜光玉を付けて、それにアジングのワームを付けてみました。

ということで、この日使ったのはリアルエビ(赤スキン)、ケイムラ(白スキン)、鳥の羽の付いた物(多分イナダ用だったか?)、白のハゲ皮、透明に赤のラメ入りのワーム、黄色の蛍光ワーム以上の6種です。

結び目を切れば直ぐに交換できます。以前使って、半端になっているサビキの在庫処分が出来そうですねw

 

これって、キス釣りにもよくね?と思うのですが…

以前は湘南キス針が掛りが良いので自分で仕掛けを作っていました。キスは吸い込みで餌を食べるのでハリスは細めの1号程度を使っていましたが、フグ等にはめっぽう弱くて、直ぐに切られてしまいます。

最初に仕掛けを作る時には、上から順に作るので枝針を結ぶ時に、幹糸の下には針が付いていないのでいいのですが、現場で途中に新たに枝針を結ぶのはためらわれました。

今度回転ビーズのキス釣り仕掛け、作ってみようかな…

 

…で、肝心のアジの釣果はと言うと、まだ明るい18時ごろに透明に赤のラメ入りのワームにヒット。

もう暗くなってラインも見えづらい頃にケイムラにヒット。以上(;^_^A

▲5/14のアジ釣果。20cm2匹。

という事で、暗くなったらケイムラが良さそうですが、昨日は近くの投げ浮きカゴサビキの人達には結構アタっていました(;^_^A

いくらサビキングが好きだからと言っても毎回この貧果では…

もうサビキングおじさんは怒ったゾー! 我慢の限界! 自主規制の限界だ~!!

そうだ! 昨日から制限解除だッ…w 

(※後から読むと分からないと思うので…昨日コロナの緊急事態宣言が解除された)

 

 

という事で、本日は禁断の投げ浮きカゴサビキー(;^_^A 釣り具屋さんへ寄って撒き餌を買ったとさ~~

で某遊佐の漁港wへ。到着時には既に10人弱の人が並んでいて一番端の顔見知りの方に様子を聞いたらもう既にポツポツ釣れているとの事。

で、通常であればそこに入るのは躊躇われる間隔でしたが、隣に入ってもいいとの事で入れてもらいました。感謝。

投げ浮きカゴサビキはもう10年振りくらいか?最後がいつだったか思い出せない程…ウキ止めのゴムが2種類残っていたのですが、そのうちの一つはゴムの弾力がまったく無く固くなっていてパキンと割れました(;^_^A

16~19時頃までの釣行でしたが、久々に使ったリールのラインも古かったのか(;^_^A ライン切れ、ライン絡みなどライントラブルも多く、30分以上は修復時間(/_;)

▲釣果はアジ24cm以上40匹。サバ1匹。(どう見ても20cm以下3匹をリリース)
冷蔵庫の1か所には入らないので一旦ボウルと鍋に分けて入れました。
▲尺クラスも数匹混じってる?全部サバ折りしたのでサイズが不正確?

入れ食いという程では有りませんでしたが、それでも4投に3回位はヒットして暇な感じは無く釣れました。人が多く、撒き餌で留まってくれたのかも知れません。

サビキンガーZおじさんだって昔取ったなんとかで…地元のアジ釣り名人さんにうまいと言われ内心うれしいw、数釣りはこれで満足(^^)/。。。ってちょっと釣り過ぎて明日の処理が大変(/_;)…w

投げ浮きカゴサビキはアタリの瞬間がウキが消し込む瞬間の視覚的なもので、捲いて来る時には魚の引きも感じるが、投げ竿を使っているので感度は鈍い。一方、サビキングはアタリの瞬間が直接手に伝わるし、ティップがグイグイと引かれ視覚的にも楽しめる。

その気になれば?数釣りも可能なことを自分に言い聞かせて、またサビキンガーに戻ろう(^▽^)

追伸:5/16

今日は朝から昨日のアジを処理。

▲上の25cm程のアジは背開きにして一夜干し用に。小さいのでも24cm位はありました。
▲昨日のアベレージサイズの27cm前後のアジは、開くのは面倒なので3枚に卸してから毛抜きで骨抜きしてアジフライ用に。
▲下の2匹は丁度30cmくらい、上のは5mm程足りないようですが尺アジということで(^^)
他の27cmより大き目のものは刺身に
▲ちょっと開き方が雑ですが(;^_^A 少し薄めの6%程の塩水に1時間ほど漬けて一夜干しに

片づけが終了するまで処理に4時間半もかかってしまった。手が傷だらけでガサガサに… ふ~、釣りより疲れる…(;^_^A

昨日あたりから酒南でもイナダの釣果がだいぶあったようです。いよいよジギング開幕か?!(^^)

 

追伸:5/17

▲自分が釣った揚げたてのアジフライはアジも格別最高!!w
▲アジの一夜干しは私は直射日光に少し当てた方がおいしくなると思っているのだが、残念ながら昨日は曇りで、夕方から雨。雨が降ってからはベランダに干していますが、もう少しかな?

折角手間暇かけて作っているのに、松花粉、黄砂、PM2.5の降りかかったアジの一夜干しは食べなくともよいと妻がボゾリ…(;^_^A

天気の悪い時には冷蔵庫にそのまま入れても出来るらしいが、以前から冷蔵庫内が臭くなると妻に猛反対(;^_^A

人生何かと苦労は多い…

PS.折角イナダが釣れて来たのに今週は天気が余り良く無いのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする