イナダの引きを堪能(2024.5.15)

昨日はサゴシやイナダが釣れた情報が有ったので、今日は有るかどうか分からないが、昼の時合を期待して行こうかと考えていた。

…と思っていたら、知人から今日は朝からサゴシ、イナダ、サバが釣れているとのこと。

それじゃ昼頃も少しは期待できるのか?と、のんびり構えていたところ、イナダ祭り開催中の知らせw

それを聞いたら居ても立っても居られなくなり、急遽向かった(;^_^A

8:30過ぎに現地到着でちょうど知人とすれ違い、まだ少し釣れているがもうクーラーに入らないので帰るとの事。

ナブラや鳥山は見えない。…が、ロッドが曲がっている人が見える(@_@。

私も急いで準備しブレードジグから投入。

7投目位にようやくヒット!

しかし、少し重くなったような、なにか「もや~っ」と、いった感じのアタリで、アワセを入れて捲いて来る時には引いたが、これって何?と思ったが、寄せて来たらイナダでした。

今日はこんな感じで、ガツンとくるアタリは無く、アジのようなコンコンや追って来てジグを咥えても反転しないでただ首を振っているような感じのアタリ方でした。

何匹か掛けたらアタリが遠のいてきたと思ったら、足元まで5~6匹追って来てるのが見え、入れ代わり立ち代わりブレードジグの後ろに付くが見切っていました。

そこで普通のジグに変えたら、またアタってきました。

…を繰り返し、アクションを変えたり、ジグのタイプを交換しながらも10時過ぎまではある程度アタリましたが、イナダはいるようだが活性が落ちてきたようで、その後は11時過ぎまでやりましたが、イナダが2匹釣れただけでした。

祭りは過ぎた感が有りましたが、前半はバイト自体は多く、違和感が有ったら即アワセ。イナダの引きも結構強くて1匹上げると暑いのも有り、かなり息が上がって、逆に息を整える時間があってちょうどいい感じでした。

早めに行って正解?だったようです。

▲本日のジギング釣果 イナダ 44cm~40cm 5本を持ち帰り
4月に釣った時より体高が有り腹は太目で、引きも強かったです
▲イナダの腹に入っていた13cm程のベイト。カタクチか?、なんかウルメイワシっぽいですね?
他の腹は消化されていました。

当初は3匹持ち帰ればいいかな。と思って他はリリースしてましたが、キープしたサイズより大き目が釣れるとつい、追加でキープしてしまい結果5匹になりました(;^_^A

見た目で37cm程から釣れましたが、リリースがもったいないほどのサイズも含めて10本以上はリリースしたような感じです。

どのジグも今日はジャークを入れるより中速ただ捲きでたまにストップを入れ少しフォール、中層あたりで一番アタッたように思います。

今日は、久々のショアジギロッドにSWのリールで、後半はもうロッドを立てる腕もパンパン&プルプルで、リールを捲くのもやっと、という程イナダの引きを堪能できました(^.^)/

明日は筋肉痛かな?…いや、歳なので明後日かw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする